派遣会社を利用するメリット

0

派遣でプログラマの仕事をしている人が増えています。
企業側にとって、自社で雇用するより派遣会社などを利用する方がスキルなどの心配も少なく、メリットが大きいからだと思います。
特に新しく開発にとりかかる時は、人材も増やさないといけないことがあります。
ですが、その時期を乗り切ってしまうと、それだけの人材が重荷になってしまうからです。

また、開発業務の内容や規模によって必要な人材はその都度変わってきますので、業務にあわせて人員を調整できる派遣はとても便利な存在なのです。
派遣先によって給料は違いますが、直接雇用のアルバイトなどと比べると、派遣の方が高い給料設定になっていることが多いようです。

もちろん、これは派遣会社によって違ってきますし、実際に働いているプログラマの業務成果にもよって変わってきます。
同じ企業への派遣期間は最大で3年です。
それ以上同じ企業で働くには正規雇用ににしないといけなくなりますので、企業側にとってはデメリットになってしまいます。保険や年金などをお世話しなくてよい派遣で人材コストを削減しているのに、正規雇用をすることは企業にとって痛手になるということなのです。

企業によっては、派遣会社を利用することを余儀なくされていることもあります。
また、割合によって派遣社員と正規スタッフと在籍している企業もあります。その場合は、同じ仕事をしていても
給料が違うという点でときおり不平不満の種になることも多いとか。

大規模な開発の場合は、一時的にフリーランスを雇う企業もあります。大規模な開発は非公開求人として企業は転職支援サイトを利用することも多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright © 2017 生活に寄り添う便利なIT All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.3, from BuyNowShop.com.